タイソン・ファー博士

ファー博士は、ニューヨークと東京のヘラルドスクエア・サイコロジーのディレクターです。 カリフォルニア州とニューヨーク州の両方で免許を取得しているファー博士は公的機関で働いた後、臨床心理学者たちを監督、現在は各部門のプロフェッショナルにサービスを提供しています。

ファー博士は、ニューヨーク市で精神分析学の教授のもと精神力学的療法を研究し、うつ病の対人療法、CBT、PTSDの長期曝露療法、動機づけ面接、対象関係、心的外傷後精神分析の訓練を受けました。

実験心理学者と学校心理学者の息子として生まれたファー博士は、人生の目標を達成するために、知識と人文科学を重要視する環境で育ちました。 そして大学卒業後は、社会の多様な臨床環境で働き、マインドフルネス、人間関係、社会心理学のクラスを教えてきました。

ファー博士は、摂食障害、不安障害、薬物乱用、精神病性障害、結婚困難、心的外傷後ストレス障害(PTSD)など、性的指向に拘わらず様々な人たちを支援してきました。

ファー博士はカリフォルニア大学サンタクルーズ校で心理学の学士号を取得し、社会心理学の研究に参加し、著名な社会心理学者のエリオット・アロンソンに師事しました。

卒業後、ニューヨーク大学の修士課程で勉強している間、ファー博士は心理療法の研究に積極的に関わっていました。 そして、博士課程の学生として、ファー博士はマンハッタンのベスイスラエル病院で大規模な短期心理療法プロジェクトに従事しました。 その後、ロングアイランド大学で臨床心理学の博士号を取得しました。 ファー博士はまた、ブルックリンのロングアイランド大学で教育フェローとして社会心理学を教え、不安障害、マインドフルネス、および心理療法における修復プロセスに関する独自の研究を行いました。 不安のテストに関するファー博士の論文は、主要な研究者による不安に対する脆弱性の認知的要因に関するメタアナリシス研究で引用されています。

ニューヨーク市の公立学校から少数派の学生を特定してトレーニングと奨学金を提供する非営利団体でも働いた経験があります。評価対象となった範囲はこれまでに、3歳から106歳までの何千人にもおよび、心理的、神経心理学的、および人格評価を行ってきています。 ファー博士は、ニューヨーク市の病院、ベスイスラエル医療センター、および米国退役軍人省では個人、カップル、および集団療法を実施しました。

ブルックリン退役軍人病院でインターンシップ終了後、ファー博士は、ブルックリンのマンハッタンとニューヨーク市のクイーンズにある退役軍人病院で働く連邦政府のスタッフ心理学者になりました。

また、博士課程の学生を指導し、アメリカ政府のインターンシッププログラムのトレーニング委員会に参加しました。ファー博士は、ヘラルドスクエア・サイコロジーの臨床サービスのディレクターとして博士号および博士号取得後のスタッフを監督しており、彼の多くの経験は成人のクライアントのための個別のプログラムで活用されています。

Research Experience

  • Doctoral Dissertation. Furr, Tyson (2008) Experimental avoidance and test anxiety (David Castro Blanco, PhD, Howard Mcguire, PhD, Joan Duncan, PhD).
  • Beth Israel Medical Center. Brief Psychotherapy Research Project. (2001-2003). Research Assistant.
  • Long Island University. L.I.U. Anxiety, Mood and Personality Studies Lab. (2004- 2007). Research Assistant.
  • New York University. (1999-2001). Psychology Clinic. Research Assistant in Psychotherapy Process Research.
  • University of California at Santa Cruz. (1994-1997). Social Psychology Research Lab. Research Assistant.

Posters Presented

  • Focal Worry as a Cognitive Vulnerability Variable in Test Anxiety and Co-morbid Psychopathology. Furr, T.A., Mance, M., Conrad, J., and Castro-Blanco, D. (2006, March). Poster presented at the annual meeting of the Anxiety Disorders Association of America, Miami, Fl.
  • Cognitive Vulnerability Variables in Test Anxiety and Co-Morbid Disorders. Ellis, J., Furr, T.A., Warren, I., Ryzewicz, L., and Castro-Blanco, D. (2006, March). Poster presented at the annual meeting of the Anxiety Disorders Association of America, Miami, Fl.
  • Uncertainty Intolerance, Test Anxiety and Co-Morbid Psychopathology. Ryzewicz, L., Warren, I., Conrad, J., Furr, T., and David Castro-Blanco. (2006, March). Poster presented at the annual meeting of the Anxiety Disorders Association of America, Miami, Fl.

Research Cited

  • Gallagher,M.W., Bentley, K.H., & Barlow, D.H. (2014). Perceived control and vulnerability to anxiety disorders: A meta-analytic review. Cognitive Therapy and Research Volume 38(6), pp 571–584.

Media Appearances

Eurobiz Japan

Zocdoc

Read the patient reviews in New York.
(Overall rating 4.44 – 113 reviews)

We Can Help

  • うつ病
  • ダイエットとエクササイズ
  • 問題対応と苦痛への対処
  • 過度の不安と心配
  • Obsessive Thoughts
  • 睡眠障害
  • 集中力 (家庭内、仕事、学校)
  • 薬物乱用
  • 怒りの制御
  • 身体の病気と痛み、他
  • があります。あるいは精神的にダメージを受けた人だけがセラピーに行くという more…

初めてのお客様には15分間の無料相談をご提供しています。

ja日本語