ACT - マインドフルネス認知療法

ACTとマインドフルネス は、過去10年ほどで心理療法や科学の分野で人気を博しています。本質的に、マインドフルネスの重要な要素は数千年前のものであり、インドとアジアから来ています。特に、仏教徒たちが悟りを開くように、それにより人生を改善することの利点を認識するためものです。実際、森田療法は1920年代に日本からアメリカに来て(フロイトと同時代)、マインドフルネスを使用していました。 ファー博士は彼自身の研究を通じてマインドフルネスに到達しました。それは、マインドフルネスの有用性を受け入れようとするすべての人にマインドフルネス有効性の証拠を見出しました。 ファー博士はまた、大学のマインドフルネスのクラスで、人々が「自動操縦」から抜け出し、本当に変化を起こさなければならない唯一の瞬間に入りこむ方法を教えました。

多くの研究と臨床経験により、『マインドフルネス』が これらに効果的であることが分かっています:

  • うつ病
  • ダイエットとエクササイズ
  • 問題対応と苦痛への対処
  • 過度の不安と心配
  • 強迫観念
  • 睡眠障害
  • 集中力 (家庭内、仕事、学校)
  • 薬物乱用
  • 怒りの制御
  • 身体の病気と痛み、他

アクセプタンス&コミットメントセラピー(ACT)と弁証法的行動療法(DBT)はどちらも、マインドフルネス療法を大きく取り入れています。 ファー博士は常に、彼の実践とHSPでの多くのケースにACTとDBTのテクニックをうまく実装してきました。

マインドフルネスとは?

マインドフルネスとは、個人の経験を変えたり判定することなく、意識を刻々と自分の内面の経験に向けることです。 それは単純に聞こえるかもしれません。または、意味がない大したことのように思えるかもしれません。しかし、それは実に重要なことなのです。

言い換えれば、マインドフルネスは内面の経験に集中し、それを受け入れるようにします。 それらの内面の経験は、思考、感情、衝動、感覚、記憶などのようなものです。それに注意を払う理由は、すべての経験を「避けるべき『悪い』もの」か「持っているべき『良い』もの」かを判断する傾向があるためです。

なぜそれが重要なのか?

なぜなら、欲しいものは手に入れ欲しくないものは避ける『心の自動操縦』は、中毒、心配、うつ病、自殺、恥、有害な人間関係にとどまること、仕事の問題にとらわれること、などにつながるからです。

セラピーでは、誰も真に避けられない内なる世界にできる限り向かい合います。それぞれのふさわしい人生を送れるようになるために、それがとても効果的です。

HSPで対処可能な症状

専門分野

  • 人間関係と交際
  • トラウマとPTSD
  • 不安症
  • 仕事上の悩み、ストレス
  • 効果的な対処

様々な問題

  • 依存症
  • キャリア・カウンセリング
  • 慢性的症状の再発
  • 離婚
  • コーチング
  • 子育て
  • テストと評価
  • 怒りの感情の管理
  • 慢性的な病気や痛み
  • うつ病と双極性障害
  • 強迫性障害(OCD)
  • 薬物乱用
  • ビデオゲーム中毒
  • 健康心理学(HIV、HCV、腫瘍、心臓血管疾患、運動、アルコール、薬物など)

セッションのタイプ

  • 個人カウンセリング
  • カップル・カウンセリング
  • コンサルテーション
  • 監修
  • 神経心理学的検査

メンタルヘルス

  • 解離性障害
  • 解離性障害(ヒステリー)
  • 精神病
  • 高齢者の障害
  • パーソナリティ障害
  • 思考障害
  • 気分障害
  • 認知症
  • 摂食障害

初めてのお客様には15分間の無料相談をご提供しています。

ファー博士について

タイソン・ファー博士はニューヨークと東京のヘラルドスクエア・サイコロジーのディレクターです...
Tyson Furr, PhD
Psychologist
ja日本語