神経心理学的検査

知性や学門、人格の機能を査定するための心理テスト

HSPでは、心理的、学問的、行動的、認知的、および神経心理学的評価の分野における最新の情報と基準を基にやってまいりました。 クライアントは、知的、学問的、および人格の機能を査定するために、標準的な心理テストを使用して面接されます。 査定結果について話し合うためのフィードバックセッションと、結果を要約したレポートが提供されます。

心理テストには、認知および行動機能への根本的な障害を特定する機能があります。また、個人が自分の長所と短所をよりよく理解するのに役立ちます。心理査定には、一連のテストが最も重要です。これにより、これらのテストの結果を組み合わせ、自分の強い部分と改善すべき領域について非常に詳細で包括的な全体像が得られるのです。

心理査定されるいくつかの分野は:

  • 学力
  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)
  • インテリジェンス/ IQテスト
  • 学習障害
  • 神経発達障害–自閉症スペクトラム障害
  • 神経心理学障害
  • 人格
  • 言語障害

学力

学力テストは、全国的に同じ学年の他の学生と比較して、どのように成績を上げるかを決定するために標準化されています。生徒の成績が適切であるか、年齢/学年の期待を大幅に下回っているか上回っているかを判断することがこのテストの目的です。特定のスキルではなく基本的なスキルを測定します。テストは1対1で実施され、被験者が介助や特殊教育の必要性を判断することができます。

注意欠陥多動性障害(ADHD)

DSM-IV基準には、ADHDを持つ人々が示す特定の行動、不注意、多動性、衝動性が含まれています。ADHDのタイプには、複合タイプ、主に注意力のないタイプ、また主に活動亢進性・衝動性タイプが含まれます。子供の場合、ADHDの評価には、それらの行動を評価する標準化された質問票が使われ、親と子供、教師へのインタビュー、個人の観察が行われます。ADHDは小児期に診断されるのが一般的ですが、成人になってADD / ADHDになっていることがわかる場合も多くあります。ADD / ADHDの兆候と症状を自分で認識している場合は、心理査定を受けることをお勧めします。

不注意優勢タイプ

ADHDの最初の一連の症状は、不注意の症状に焦点を当て、次の症状が6つ以上ある人に診断されます。 症状は少なくとも6か月間存在していること、 そして標準発達レベルとかけ離れている場合です。

不注意優勢の症状は:

  • 細部に細心の注意を払わなかったり、学業、仕事、またはその他の活動で不注意な間違いを度々犯す
  • 課題や遊びの活動で注意を維持するのが困難なことが多い
  • 話しかけられたときに聞いていないように見えることが多い
  • 指示に従わず、学校での課題、家事、または職務を完了できないことが多い
  • 課題や活動のための準備や整理をするのが難しいと感じることが多い
  • 持続的な精神的努力を必要とする課題に従事することを避けたり、嫌がったりすることが多い
  • 課題や活動に必要なもの(おもちゃ、学校の宿題、鉛筆、本、道具など)を失くすことが多い
  • 外部の刺激によって気が散りやすい
  • 日常生活で物忘れが多い

多動性・衝動性タイプ

ADHDの次の一連の症状は、不注意の症状に焦点を当て、次の症状が6つ以上ある人に診断されます。 症状は少なくとも6か月間存在していること、 そして標準発達レベルとかけ離れている場合です。

多動性の症状は:

  • 手や足を小刻みに動かしたり、座っている時身体を捩ったりすることが多い
  • 教室やその他の場所での着席しているべき時に席を立つことが多い
  • 不適切な状況で、処かまわず走り回ったりよじ登ったりすることがよくある
  • 静かに遊んだりレジャー活動に従事したりするのは困難なことが多い
  • 「急いでいる」または「モーターで動いている」かのように動作することが多い
  • 過度に喋りまくることが多い

衝動性の症状は:

  • 質問が完了する前に曖昧な回答をしてしまうことが多い
  • 順番を待つのが困難なことが多い
  • 他の人に割り込んだり邪魔をすることが多い(たとえば、会話やゲーム)

ADHDの診断には、追加の査定基準にも当てはまる必要があります。
追加の査定基準は:

  • 7歳になる前に、障害を引き起こすいくつかの活動亢進性衝動性または不注意な症状が存在していた
  • 症状によるいくつかの障害は、学校や職場、家庭など2つ以上の場所で存在する
  • 社会的、学問的、または職業的機能におけいて臨床的に重大な障害となっている明確な証拠が必要です

学習障害

・失読症 ・書字障害 ・算数障 ・情報処理障害

学習障害は、話し言葉や書き言葉を理解し使用したり、数学的計算を行ったり、動きを調整したり、直接注意を向けたりする能力に影響を与える障害です。非常に幼い子供に起こりますが、障害は通常、子供が学齢期に達するまで認識されません。見たり聞いたりするものを解釈したり、脳のさまざまな部分からの情報をリンクさせたりする能力に影響します。しかし、学習障害は、知能(IQ)や頭の良さとは別のものです。

学習障害と診断されるには、子供の状態が特定の基準を満たしている必要があり、読み取り、書き込み、数学、および情報処理を含むいくつかのタイプの学習障害があります。 例えば、 失読症 は読書と言語ベースの学習障害です。 この問題で、子供は文字、文字のグループ、文または段落を理解できないかもしれません。 書字障害 は書くことに関する障害です。 きちんと書くことは時間と労力を要するかもしれません。 しかし、努力にもかかわらず、手書きはまだ読みにくいかもしれません。 教師は、学習障害のある生徒は筆記試験と課題を時間どおりに終えることができないし、筆記課題は常に遅れているか不完全であると言うかもしれません。 算数障害 は数学に関する障害です。 多くの生徒にとって数学は難しいですが、算数障害があると、子供は同年代の他の子供よりもはるかに困難になる可能性があります。 算数障害は、あなたの子供が彼の年齢の他の人が問題なくできる基本的な数学の問題を解けないかもしれません。 最後に、 情報処理障害 は、見る・聞く・味わう・嗅ぐ・触れるなどの感覚を通して取り入れた情報を処理するのが困難な学習障害です。 これらの問題は、見たり聞いたりできないこととは関係ありません。 脳が感覚情報を認識し応答、取得、および保存する方法に影響するものです。

学生が学習障害を持っているとき、認知能力と学業成績の両方に関連する包括的な評価とそれに関連する文書が必要です。 時間制限のあるテストは制限内でやったものを提供してください。

神経発達障害・自閉症スペクトラム障害

神経発達障害は、主に神経系と脳の機能に関連する障害です。 子供の神経発達障害の例には、知的障害(精神遅滞としても知られています)、注意欠陥/多動性障害(ADHD)、自閉症スペクトラム障害、および学習障害が含まれます。 自閉症スペクトラム障害には、自閉症、アスペルガー障害、広汎性発達障害が含まれます。

神経発達障害のある子供は、言語、話す、運動技能、行動、記憶、学習、またはその他の神経機能に問題があります。 神経発達障害の症状と行動は人が年をとるにつれてしばしば変化しますが、小児期に神経発達障害を持つ人の中には永続的な障害となる人もいます。

神経心理学的検査

神経心理学的査定には、個人の精神状態と、認知機能の神経心理学的検査が実施されます。 神経心理学的検査はより包括的であり、個人の特定の脳機能(記憶、注意、言語など)がどのように機能し、それが個人の認知および行動機能にどのように影響するかを明らかにします。

このようなテストにより、脳損傷や認知問題の性質、およびそれによる個人への影響をよりよく理解することが可能となります。 神経心理学的評価の結果は、個人の認知的または心理的困難について明らかにし、脳震盪などの頭部外傷が脳機能に及ぼす悪影響を評価することもできます。 また、運転や仕事などの特定のタスクを実行する能力に関する情報を提供することもできます。 テストの結果は、セラピープランやリハビリプログラムの作成に使われます。 最後に、評価は、時間の経過に伴う機能の変化(改善または低下)を測定される場合があります。 記憶、言語、実行機能、認知症などの神経心理学的評価を通じて、多くの認知機能を評価することができるのです。

人格

人格検査は、個人および人間関係のカウンセリング、キャリアプランニング、従業員の選択と育成など、さまざまな状況で使用されます。人格の変化を評価したり、セラピーの有効性を評価したり、心理的な問題を診断したりするためにも使用できます。人格検査には、客観的検査と射影検査の2つの基本的なタイプがあります。客観テストでは、受験者に質問を読んでもらい、質問またはステートメントがどの程度当てはまるかを評価します。射影テストでは、受験者に漠然としたシーン、オブジェクト、またはシナリオを提示し、テスト項目の解釈を依頼します。射影テストのよく知られた例の1つは、ロールシャッハインクブロットテストです。人格評価は、セラピープランに使われます。

言語障害

発話障害とは、発話音の知覚または明瞭化に関する問題を指し、言語障害とは、コミュニケーションおよび認知を妨げる可能性のあるさまざまな問題を指します。 発話と言語の問題は、受容性と表現性の2つのカテゴリーに分類されます。 言語を理解するのが難しい子供は表現に問題があるますが、一部の子供は自分の考えや感情を話し言葉に定式化することができないだけで、実は優れた理解力を持っています。 発話および言語障害には、表現言語障害、受容&表現言語障害、音韻障害、およびその他の発話および言語障害が含まれます。 

包括的な発話と言語の評価には、正式なテスト、言語サンプル、臨床観察、および親と教師から提供された情報が含まれます。 標準化された評価ツールは、聴覚処理、受容的および表現的言語、音韻処理、明瞭度、声、流暢さ、および語用論的機能の分野における子供の長所と短所です。 言語はほとんどの学校のカリキュラムで使われるため、言語障害を持つ子供たちは大きな問題を抱えています。 

HSPで対処可能な症状

専門分野

  • 人間関係と交際
  • トラウマとPTSD
  • 不安症
  • 仕事上の悩み、ストレス
  • 効果的な対処

様々な問題

  • 依存症
  • キャリア・カウンセリング
  • 慢性的症状の再発
  • 離婚
  • コーチング
  • 子育て
  • テストと評価
  • 怒りの感情の管理
  • 慢性的な病気や痛み
  • うつ病と双極性障害
  • 強迫性障害(OCD)
  • 薬物乱用
  • ビデオゲーム中毒
  • 健康心理学(HIV、HCV、腫瘍、心臓血管疾患、運動、アルコール、薬物など)

セッションのタイプ

  • 個人カウンセリング
  • カップル・カウンセリング
  • コンサルテーション
  • 監修
  • 神経心理学的検査

メンタルヘルス

  • 解離性障害
  • 解離性障害(ヒステリー)
  • 精神病
  • 高齢者の障害
  • パーソナリティ障害
  • 思考障害
  • 気分障害
  • 認知症
  • 摂食障害

初めてのお客様には15分間の無料相談をご提供しています。

ファー博士について

タイソン・ファー博士はニューヨークと東京のヘラルドスクエア・サイコロジーのディレクターです...
Tyson Furr, PhD
Psychologist
ja日本語